新型コロナウイルス感染防止における弊社対応について

  1. HOME
  2. ポリ袋・ゴミ袋 お役立ち情報
  3. ポリ袋レシピ
  4. 簡単!レンジもオーブンも不要!「生チョコタルト」ポリ袋レシピ

簡単!レンジもオーブンも不要!「生チョコタルト」ポリ袋レシピ

簡単!レンジもオーブンも不要!「生チョコタルト」ポリ袋レシピ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単!レンジもオーブンも不要!「生チョコタルト」ポリ袋レシピ

ポリ袋を使った「生チョコタルト」のレシピをご紹介します。使用するものは『スマートキッチン 保存袋 箱入り M 半透明 60枚 0.01mm』のポリ袋と『スマートキッチン フリーザーバッグ L 透明 10枚 0.06mm』のフリーザバッグです。ポリ袋クッキングをする際は、湯せん調理が可能な食品用の高密度ポリエチレンを使用してください。

「生チョコタルト」の材料(18cm/1ホール分)

生地

  • ビスケット 14枚(140g)
  • 無塩バター 70g

ガナッシュ

  • チョコレート 200g
  • 生クリーム 100g

デコレーション用

  • ココアパウダー 適量
  • 粉砂糖 適量

「生チョコタルト」に必要な調理器具

スマートキッチン 保存袋 箱入り M 半透明 60枚 0.01mm
スマートキッチン フリーザーバッグ L 透明 10枚 0.06mm

「生チョコタルト」の作り方

①生地を作る

ビスケットをフリーザーバッグの中に入れて細かくする写真

ビスケットをフリーザバッグの中に入れ、細かくなるまでしっかり砕きます。すりこぎ棒がない場合は手で砕きましょう。ビスケットを細かく砕くことで生地がまとまりやすくなります。

【POINT】袋が破けないように力加減に注意しましょう。

ポリ袋を湯せんしてバターを溶かす写真

ビスケットを砕いている間にお湯を沸かし、お湯が沸いたら火を止めます。ポリ袋にバターを入れて、ポリ袋の口を軽く縛り、バターが溶けるまでお湯に入れます。

【POINT】ポリ袋が溶けるのを防止するために、必ず耐熱皿を鍋底に沈めましょう。鍋のふちにポリ袋が触れないようにしましょう。

溶けたバターの中に砕いたビスケットを入れる写真

溶かしたバターの中に、粉々になったビスケットを入れて、やけどしないように気を付けながら材料を手でよく混ぜ合わせます。

バターとビスケットを混ぜる写真

②生地を成形する

タルト型に生地を入れて伸ばす写真

タルト型に生地を入れ、スプーンなどで押し伸ばし均一にします。生地が広がったら冷蔵庫に入れて冷やし固めます。

冷蔵庫でタルト生地を冷やす写真

③ガナッシュを作る

ポリ袋にチョコレートと生クリームを入れる写真

生地を冷やし固めている間にガナッシュを作ります。お湯が冷めていたら再び沸かし、その間にチョコレートを手で砕いてポリ袋の中に入れて、生クリームも入れます。

ポリ袋を湯せんしてチョコレートを溶かす写真

お湯が沸騰したら火を止めて、チョコレートを湯せんします。

【POINT】ポリ袋が溶けるのを防止するために、必ず耐熱皿を鍋底に沈めましょう。鍋のふちにポリ袋が触れないようにしましょう。

タオルで覆いながらチョコレートと生クリームを混ぜる写真

チョコレートが溶けてきたら、鍋から引き上げて、やけどをしないようにタオルで覆いながら、生クリームとチョコレートを手で混ぜ合わせます。

【POINT】この時まだ溶けていないチョコレートがあれば、もう少しお湯に浸けて溶かしましょう。

ポリ袋で作ったガナッシュの写真

④ガナッシュを流し込む

タルト型にガナッシュを流し込んでいる写真

全体が混ざり、滑らかになったらガナッシュをタルト型に流し込みます。

【POINT】ポリ袋の底面の端に切り込みを入れて、絞り袋のようにすると流しやすいです。

タルト型にガナッシュを整えている写真

ガナッシュを均一に流し込んだら、冷蔵庫で3時間ほど冷やし固めます。

⑤デコレーションをして完成

粉ふるいで粉砂糖をかけている写真

ココアパウダーや粉砂糖を振って完成です。

完成した生チョコタルト

編集部コメント

ポリ袋を使って作る生チョコタルトは、材料を入れるボールやバット、生クリームを温めたり、バターを溶かすための鍋といった調理器具が不要なので、洗い物が増えるのが嫌な方におすすめのです! 調理時間も短いので、簡単に作りたい方はぜひポリ袋をお使いください。 デコレーション用にサニパックのロゴデザインで作りたい方は、ぜひこちらよりダウンロードして使ってくださいね。

ポリ袋で作った生チョコタルト

「生チョコタルト」レシピの考案者

編集部

アボカドを切る

ポリ袋やフリーザーバッグで、みなさまがパパっと作ってみたくなるような、さらにフードロス削減にもつながるレシピを発信していきたいと思っています!


湯せん調理が出来る、日本サニパック株式会社の食品保存用ポリ袋の条件は、以下となります。



上記条件の食品保存用ポリ袋の耐熱温度試験報告書は以下です。

耐熱温度試験について

耐熱温度試験については第三者機関にて調査しております。 試験方法は、「家庭用品品質表示法 合成樹脂加工品品質表示規程」(平成29年3月30日消費者庁公示第5号)に準拠したもので、検体となるポリ袋を恒温器(オーブンのような装置)に入れ、10℃単位で温度を上げていき、ポリ袋が変形(収縮)した温度から10℃下げた温度を「耐熱温度」としたものです。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)