新型コロナウイルスにおける政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応について

  1. HOME
  2. ポリ袋・ゴミ袋 お役立ち情報
  3. レシピ
  4. ポリ袋で時短!炊飯器を使わないごはんの炊き方

ポリ袋で時短!炊飯器を使わないごはんの炊き方

ポリ袋で時短!炊飯器を使わないごはんの炊き方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
炊飯器を使わないで炊いたごはん

ポリ袋を使って、炊飯器を使わずにごはんを炊く方法をご紹介します。使用するポリ袋は『スマートキッチン 保存袋 箱入り M 半透明 60枚 0.01mm』。ポリ袋クッキングをする際は、湯せん調理が可能なキッチン用のポリ袋を使用してください。

「炊飯器を使わないごはん」の材料(2人分)

  • お米 150g(お米計量カップ1杯分=1合)
  • お水 180ml(お米計量カップ1杯分)

「炊飯器を使わないごはん」に必要な調理器具

スマートキッチン保存袋

「炊飯器を使わないごはん」の作り方

①お米を洗う

お米をとぐ

ボウルにお米とお水を入れて優しく手ですすぎ、すぐに水を切る。これを2、3回繰り返す。

【POINT】最初に注ぐお水はお米に吸収されやすいので、ミネラルウォーターにするとよりおいしく炊きあがります。

【POINT】お米はガシガシ研がずに、やさしく手でかき回す程度にしましょう。

②ポリ袋に入れて袋の口をねじり上のほうで結ぶ

ポリ袋の口をしばる

【POINT】空気を抜くように袋の口までねじり、上のほうで結びます。

【POINT】時間があるときは30分程度冷蔵庫で寝かせるとお米に水がなじんでふっくらします。

③湯せん調理で時短炊飯!

ポリ袋を鍋に入れる

鍋に水を入れてお湯を沸かし、沸騰したら中火にしお米を入れたポリ袋を25~30分湯せんにかける。

【POINT】ポリ袋が溶けるのを防止するために必ずお皿を鍋底に沈め、鍋の底やフチにポリ袋がつかないように注意しましょう。

④蒸らして、盛り付ける

ポリ袋を鍋に入れる

お湯からポリ袋を出し、ボウルなどに置いて10分ほど蒸らしたら完成。

30分程度で炊きたてごはんが手軽に作れるので、ごはんを炊き忘れた時や炊飯器が壊れた時などに覚えておくと便利です!災害時に電気が使えなくなった時もカセットコンロで作ることができます。

湯せん調理に使えるサニパックのポリ袋はこちらからご覧いただけます!


湯せん調理が出来る、日本サニパック株式会社の食品保存用ポリ袋の条件は、以下となります。



上記条件の食品保存用ポリ袋の耐熱温度試験報告書は以下です。

耐熱温度試験について

耐熱温度試験については第三者機関にて調査しております。 試験方法は、「家庭用品品質表示法 合成樹脂加工品品質表示規程」(平成29年3月30日消費者庁公示第5号)に準拠したもので、検体となるポリ袋を恒温器(オーブンのような装置)に入れ、10℃単位で温度を上げてゆき、ポリ袋が変形(収縮)した温度から10℃下げた温度を「耐熱温度」としたものです。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)