新型コロナウイルス感染防止における弊社対応について

  1. HOME
  2. よくあるご質問
  3. 用語集
  4. 耐熱性樹脂とは?

耐熱性樹脂とは?

耐熱性樹脂とは?

耐熱性樹脂とは、食品包装や高温殺菌が必要な容器などに使用されている耐熱性のあるプラスチック樹脂のことです。

耐熱性樹脂には電子レンジ、オーブンで加熱するだけですぐに食卓に供せるオーブナブルトレイやレトルトパウチ包装があります。

オーブナブルトレイ容器は電気、ガスオ―ブン、電子レンジまたオーブントースターなどでの加熱に十分耐えねばなりません。炭酸カルシウムやポリプロピレン(PP)を配合したポリエチレンテレフタレート(PET)が多く用いられています。

レトルト食品の包装形態には多層フィルム(ラミネート体)で造られるパウチのほか、カップ、トレーなどがありますが、通常のレトルト食品は120℃の蒸気あるいは熱水で加圧・加熱殺菌されます。また135℃や150℃の高温で殺菌されるものもあります。

レトルトパウチのシール層は耐熱性が優れるポリプロピレンが使用され、表面層や中間層には同じく耐熱性がさらに優れるポリエチレンテレフタレートが使用されます。耐熱性を表す指標としては融点が重要ですが、ポリプロピレンの融点は約170℃、ポリエチレンテレフタレートは約255℃です。

また、果汁飲料用のペットボトルには、他の飲料と同じくポリエチレンテレフタレートが使用されていますが、約85℃に熱せられた果汁が熱充填されますのでこの場合はペットボトルを熱処理することによって結晶化度を上げることによって対処しています。

このほかに耐熱性の高い樹脂でフィルムや成形品の形態で食品包装に使用されるものとして、ポリ4-メチルペンテン-1(融点235℃)がありますが、同樹脂は食品ラップフィルムやパンやケーキ類からの剥離性が良好なこともあってオーブナブル紙トレーのコーティング剤として用いられています。

また、ポリカーボネート(PC)は哺乳ビンに、ポリサルフォンはコーヒーメーカーやコーヒーサーバーに用いられています。

用語集

用語集

ポリ袋・ゴミ袋業界に関する用語に加え、化学品・合成樹脂業界に関する用語を幅広くまとめています。

お役立ち情報

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)