新型コロナウイルスにおける政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応について

  1. HOME
  2. よくあるご質問
  3. 用語集
  4. レトルトパウチ包装とは?

レトルトパウチ包装とは?

レトルトパウチ包装とは?

レトルトパウチ包装とは、ガスバリア性と遮光性の高い多層フィルムを用いた食品包装のことです。

レトルトパウチ包装は、食品をパウチ(袋)に充填し、ヒートシールをして密封した後に、高温加熱殺菌を行うことで、缶詰と同等の保存効果を得ることができます。

レトルト食品とは、「レトルト」という圧力釜のなかで食品を加圧し、100℃を超える温度で殺菌したものです。レトルト食品は無菌状態となり、常温流通が可能となります。スープやカレー、パスタのソース及び鍋物のスープなど多様な食品に用いられています。

殺菌温度は包装される食品によって異なります。100℃までの温度で行うものを「ボイル殺菌」といい、100℃以上で殺菌することを「レトルト殺菌」といいます。殺菌温度によって105~115℃のセミレトルト、120℃のレトルト、135℃以上のハイレトルトに分かれます。殺菌温度が高いほど短時間で殺菌ができ、食品の品質劣化も少なくなります。

レトルトパウチは多層構造になっていますが、アルミ箔を含むものと透明なものがあります。典型的な構成はPET/アルミ箔/ポリプロピレンであり、シール層にはポリエチレンより耐熱性があるポリプロピレンが用いられます。

ポリマーを使用した最近はアルミ箔に代わって酸化アルミやシリカなどをPETフィルムに蒸着した無機透明蒸着フィルムが使用されるようになっています。これは電子レンジの普及、ICタグなどの電波を阻害しないこと、X線検査が可能で金属系異物の検出が可能であり、また内容物が視認できることから無機透明蒸着へのニーズが高まっています。ただコスト上はアルミ箔が有利です。

また外食産業が拡大していることにともない大型レトルトパウチの採用も多くなっていますが、この場合は耐衝撃性や耐ピンホール性をより強化するためにナイロンフィルムを加えてPET/ナイロン/アルミ箔または透明蒸着/PPの構成にします。大型のレトルトパウチは容器として自立性がありますのでスタンディングパウチと言います。

用語集

用語集

ポリ袋・ゴミ袋業界に関する用語に加え、化学品・合成樹脂業界に関する用語を幅広くまとめています。

お役立ち情報

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)