新型コロナウイルスにおける政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応について

  1. HOME
  2. ポリ袋・ゴミ袋 お役立ち情報
  3. Q&A
  4. ごみとゴミの違いってなに?

ごみとゴミの違いってなに?

ごみとゴミの違いってなに?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ごみとゴミの違い

ひらがな表記の「ごみ」とカタカナ表記の「ゴミ」には意味の違いはあるのでしょうか。

 

「ごみ」と「ゴミ」の違い

ごみとゴミの違い

 

ひらがなの「ごみ」とカタカナの「ゴミ」はどちらも同じ「廃棄物」の意味として使われています。それぞれに明確な違いはありませんが、使用するシーンによって使い分けされることがあります。

なお、漢字では「塵」、「芥」などと表記されます。

「ごみ」と使う例

「ごみ」と使うシーンとして、例えば千葉県市川市愛知県豊橋市兵庫県神戸市などの指定ごみ袋では、「ごみ」と表記されており、他の各自治体のWEBサイトや案内でも「ごみ」と表記することが多いです。

これは1970年の「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(昭和45年12月25日法律第137号)内の第二条に、

第二条 この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く。)をいう。

と記載があり、ここから各自治体や行政機関では「ごみ」と表記することが多いと考えられます。

また、「ごみ」は「塵」、「芥」として、外来語の意味を持つカタカナ表記の「ゴミ」よりも古くから使われている日本語であるため、「ごみ」と使われることが多いです。

「ゴミ」と使う例

カタカナ表記の「ゴミ」は、「ごみ」に対して、より表現を目立たせるために新聞社などのメディアや各メーカーの商品名などに使われることがあります。

当社が1970年代に発売した業務用紙ゴミ袋にも、すでに「ゴミ」の表記が確認できます。

サニパックのチラシ

 

「ごみ」と「ゴミ」

前述の通り「ごみ」、「ゴミ」には「廃棄物」という意味があり、汚いもののイメージがあります。しかしながら、時代とともに「資源ごみ」のように、単に廃棄するだけでなく「リサイクル」できるものも増えてきています。環境を意識して、今後もリサイクル品を増やし、廃棄するごみを減らしていきましょう。

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)