新型コロナウイルス感染防止における弊社対応について

  1. HOME
  2. よくあるご質問
  3. 用語集
  4. ピークオイルとは?

ピークオイルとは?

ピークオイルとは?

ピークオイルとは、もともとは石油の生産量がピークに到達し石油資源が枯渇する危機を意味していましたが、近年では、地球温暖化の原因である温室効果ガスを多く排出する石油の需要がピークに達するのはいつかという意味に変化しています。

過去にアメリカでは、シェール油田が開発される前の石油について、1971年にその生産のピークを迎え、その後は一貫して中東、中南米並びにカナダからの輸入が増加してきました。

しかし近年では、地球温暖化問題に加えて、世界的な新型コロナウイルスの流行からの経済復興をパリ協定に沿って加速させる動きがみられ、脱炭素化の面においても石油の需要見通しが改めて論議されています。

グローバルの超大手石油企業はサウジアラビア王国のサウジアラムコやロシアのロスネフチのような国営企業を別としますと、エクソンモービル(アメリカ)、ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ)、BP(イギリス)、シェブロン(アメリカ)、トタル(フランス)、コノコフィリップス(アメリカ)の6社があり、これらは、国際石油資本のスーパーメジャーと呼ばれています。

ノルウェーのエネルギー調査会社のライスタッド・エナジーによると、2030年ごろにアメリカのシェールオイル生産量がピークを迎える予測を2019年に発表しています。また、BPは世界の石油重要のピークはすでに過ぎた可能性があると2020年に発表しています。

今後の石油需要の動向に影響を及ぼす要因としては、新型コロナウイルスによる人々の行動の変容(移動や仕事の仕方)がどう定着するか、途上国の経済復興・成長の見通し、産油国の政治・経済の動きなどが考えられます。

その他に注目すべきはピークオイルを迎えようとする環境で途上国を中心にプラスチック製品の需要がどう変化するかです。これについては気候変動への影響を最小化していく様々な方策と関連させ、食品ロスを減らして行く取り組みやリサイクル材の活用、リサイクルを容易にするモノマテリアル化の推進など、従来そのままの形で需要増を見込むのではないイノベーションが求められています。

ピークオイル後は石油、天然ガス並びに再生可能エネルギーが併存する混合エネルギーシステムの時代になることでしょう。

用語集

用語集

ポリ袋・ゴミ袋業界に関する用語に加え、化学品・合成樹脂業界に関する用語を幅広くまとめています。

お役立ち情報

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)