新型コロナウイルスにおける政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応について

  1. HOME
  2. ポリ袋・ゴミ袋 お役立ち情報
  3. Q&A
  4. <一人暮らしのギモン>部屋のゴミ袋はどのサイズを選べばいい?

<一人暮らしのギモン>部屋のゴミ袋はどのサイズを選べばいい?

<一人暮らしのギモン>部屋のゴミ袋はどのサイズを選べばいい?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らしのゴミ袋のサイズ

ゴミ袋には15L、30L、45Lと様々なサイズ表記がありますが、一人暮らしを始めたら「どれがどのくらいの大きさなの?」、「結局どれを買ったらいいの?」と迷いますよね。今回は各ゴミ袋の大きさのイメージが湧くように、お部屋の用途別におすすめのゴミ袋のサイズをご紹介します!

 

リビング用のゴミ箱におすすめのゴミ袋

リビングのゴミ箱

一人暮らしのリビングに置く小さいゴミ箱には10L、15L、20Lのゴミ袋、またはLサイズのとって付きポリ袋(レジ袋)がおすすめです。

【ゴミ箱の大きさ目安】

膝下の中間くらいの高さの小さなゴミ箱
(高さ27cm、直径23cm程度)

Lサイズのレジ袋
10Lのゴミ袋

膝下くらいの高さの角型のゴミ箱
(高さ36cm、奥行き32cm、幅20cm程度)

15Lのゴミ袋

膝下くらいの高さの筒型のゴミ箱
(高さ36cm、直径25cm程度)

20Lのゴミ袋


ゴミ袋のサイズが小さいとゴミ箱の縁に引っかからずゴミが入れづらかったり、捨てる際にあふれてしまったりと不便なので、サイズにゆとりをもたせるのがコツです。

キッチン用のゴミ箱におすすめのゴミ袋

キッチンのゴミ箱

一人暮らしのキッチンでは15L、20L、30Lのゴミ袋が活躍します。

【ゴミ箱の大きさ目安】

膝下くらいの高さの角型のゴミ箱
(高さ36cm、奥行き32cm、幅20cm程度)

15Lのゴミ袋

膝くらいの高さの幅広の角型ゴミ箱
(高さ40cm、奥行き41cm、幅19cm程度)

20Lのゴミ袋

太ももくらいの高さの角型のゴミ箱
(高さ61cm、奥行き32cm、幅34cm程度)

30Lのゴミ袋


キッチンのゴミ箱は、生ゴミの臭いを軽減するためにフタつきのものを選ぶ人が多いです。また、不燃、可燃、資源ゴミの分別がしやすいよう、ゴミ箱を複数用意するか仕切りのついたゴミ箱を使うのもおすすめです。

ゴミ箱を開ける度にモワッと臭いがするのがイヤだ!という時は「ニオワイナ」がおすすめ!消臭成分が臭いの元に作用し、生ゴミ臭を和らげる効果のあるポリ袋です。

一人暮らしのゴミ出しにおすすめのゴミ袋

45Lのゴミ袋でごみ捨てをする一人暮らしの男性

ゴミ出しの時にはレジ袋をゴミ袋の代わりにして出す方もいますが、大きなゴミ袋にまとめてから出したほうが回収しやすく、ゴミ収集の方に親切です。その際には、45Lのゴミ袋を持っておくと便利ですよ。

また、地域によっては「指定ゴミ袋」を使用してゴミをまとめるルールが設けられている場合もあります。インターネットで検索すればすぐに調べられるので自分の住んでいる地域が該当するか確かめてみてください。

サニパックで取り扱い中の指定ゴミ袋はこちらからご確認いただけます。

【おまけ】家電や衣類の収納にも使える70Lのゴミ袋!

今シーズンの役目を終えた扇風機

一人暮らしではなかなか使用する機会のない70Lのゴミ袋ですが、オフシーズンになった衣類や扇風機・ストーブなどの家電に、ホコリがたからないよう保護するカバーの代わりとしても活躍します。間違って買ってしまった!という方は、収納用にゴミ袋を活用してみてはいかがでしょうか。

ゴミ袋を購入するときは、部屋用(10~15L)、キッチン用(15~30L)、ゴミ出し用(30~45L)の3つの用途を意識して買い揃えると上手に使い分けができます。

一人暮らしを始めたての頃は不慣れな点が多いかもしれませんが、生活していくうちにルーティーンができて、少しずつ必要なものを適切に選べるようになってきます。忙しい毎日だからこそ快適に過ごせるような商品選びをしてみてください!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)