新型コロナウイルスにおける政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応について

  1. HOME
  2. よくあるご質問
  3. 用語集
  4. COPとは?

COPとは?

COPとは?

COP(Conference of Parties、コップ)とは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の締結国が温室効果ガス削減策とこれに関連する事項を協議する会議のことです。締約国会議ともいいます。この条約についての最高の意思決定機関であり、1995年にベルリンで第1回(COP1)が開催されました。以来、毎年各地で開催されています。

2019年にはマドリッドでCOP25が開催されました。COP25の主要問題は、

  1. パリ協定6条の実施をめぐるルール
  2. 2030年目標(2℃未満並びに1.5℃未満達成のための目標)から各国が前進すること
  3. 先進国と途上国のガバナンス

となりましたが、課題のほとんどがそのままCOP26に持ち越しとなりました。

1.COP24で先送りされたパリ協定6条は、2ヵ国以上の国が協力して温室効果ガスの排出量を減らしていく仕組みで、国家間の排出量取引という市場メカニズムを活用した制度を含むものでした。

先進国の技術を途上国が取り入れてそれを活用して途上国の排出量削減を実現し、途上国の削減量が先進国の排出量に加えられるというスキームですが、削減量が先進国と途上国でダブルカウントされる可能性が十分あり、その結果計算上は減少していても全体の排出量が増加することになってしまいます。このダブルカウントを危惧して6条の利用を抑えようとするヨーロッパと、実際にすでに海面上昇の被害を受けている太平洋等の島しょ諸国の溝は埋まりませんでした。

2.パリ協定が採択された2015年時点で各国から提示された目標では2030年の目標は達成しがたく、また1.5℃未満に抑えねばならないという声が強くなりました。結果として日本のように前進した提案をしなかった国々もあり、目標の見直しが各国に推奨されることとなりました。

3.太平洋、インド洋の小島しょ諸国はすでに海面上昇の影響を受けており、損害を補償する資金を求めています。加害者としての先進国と被害者としての途上国との間の問題です。これも検討を続けることとなりました。

COP26は2020年11月にイギリスのグラスゴーで開催の予定でしたが、コロナ禍のためにまる1年延期となり2021年11月1日~12日に開催予定です。

用語集

用語集

ポリ袋・ゴミ袋業界に関する用語に加え、化学品・合成樹脂業界に関する用語を幅広くまとめています。

お役立ち情報

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)