新型コロナウイルスにおける政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応について

  1. HOME
  2. シリーズから探す
  3. 環境配慮型ゴミ袋nocoo(ノクー)

いつものゴミ捨てで
CO2削減※1

環境に優しいゴミ袋nocoo(ノクー)を使って、サニパックと一緒にはじめてみよう。
動物のイメージイラスト
ゴミ袋製造時、燃焼時におけるCO2排出量がポリエチレン100%のゴミ袋と比べ約20%削減できます。

地球環境におけるさまざまな問題

日本だけでなく、世界中でさまざまな問題が発生している昨今。ゴミ袋・ポリ袋メーカーのサニパックとして、何かできることはないか。温室効果ガスを2050年までに実質ゼロという日本政府の目標、また世界的な環境意識の高まりの中、CO2(二酸化炭素)排出量削減、プラスチック使用削減やリサイクルに積極的に取り組むべきと考えました。プラスチック製品を扱う業界として私たちにできることをお話します。

地球のイメージ画像

地球温暖化

地球上の問題としてよく聞く地球温暖化。

そもそも地球温暖化って?
どうして地球が暖かくなるの??
CO2が増えると何がいけないの?

氷が溶けて海面を見つめる白くまのイメージ画像

地球温暖化の仕組み

  • 通常時の温室効果ガスの説明イラスト

    エネルギーを太陽からもらい、地上が温まります。その熱を赤外線として地上から放出します。地球の周りはCO2を中心とする温室効果ガスに包まれており、大気の温度を一定に保っています。

  • 温室効果ガスの濃度が高まっている説明イラスト

    地上から放出する赤外線の一部が温室効果ガスによって跳ね返ってくるため温度が上がります。温室効果ガスの濃度が高まることで、跳ね返ってくる量が多くなります。

  • 地球が温暖化している説明イラスト

    温室効果が強くなることで、地上の温度が上昇。すなわち地球の平均気温が上昇します。温室効果ガスを減らさないと様々な気候変動が起こります。

地球温暖化がもたらす悪影響

地球の気温が上がることで、さまざまな部分に影響が現れます。

  • 健康被害
    健康被害
    熱中症やマラリアなどの感染症患者の増加。
  • 都市水害
    都市水害
    集中豪雨の発生により、アスファルトに遮られた水が地下に浸透できず起こる水害。
  • 海への影響
    海への影響
    水温が上昇し、氷床の融解により海水が増加。水温が温まることでサンゴの白化現象も。
  • 異常気象
    異常気象
    異常な高温や低温、干ばつや熱波、大雨や大型台風などの発生も。
  • 食糧不足
    食糧不足
    異常気象の影響を受け、農作物の生産量が減少。

温室効果ガスの主な成分となるCO2

CO2を生み出す要因は主に化石燃料と言われており、日本は87.4%を化石燃料に依存しています。※2

一般的なゴミ袋は化石燃料である石油由来のポリエチレン(プラスチック)製となっており、
ポリエチレンには燃焼時にCO2を発生します。

そこで、燃焼時に、さらには製造時に
CO2を従来のものより減らすことはできないかと考えました。

※2…データ参照:経済産業省資源エネルギー庁
2019—日本が抱えているエネルギー問題(前編)より

二酸化炭素の削減につながる
環境配慮型ゴミ袋
nocoo(ノクー)完成

プラスチック使用量を抑え、地球温暖化の原因ともなるCO₂排出量削減を目指し、環境問題への取り組みを行います。

nocoo(ノクー)ゴミ袋のパッケージイメージ画像

nocoo(ノクー)のロゴに込められた想い

二酸化炭素排出削減の意味を込めるべく「NO 二酸化炭素」から、「NO CO2」とし、「CO2」を元素記号の炭素[C]と酸素[O2(OO)]に変換しnocoo(ノクー)となりました。

nocoo(ノクー)の由来

nocoo(ノクー)は3R推進製品です

nocoo(ノクー)は3R(Reduce(リデュース)Reuse(リユース)Recycle(リサイクル))を推進する商品です。

  • Reduce
    Reduce(リデュース)イメージアイコン
    使用量の削減
    プラスチック使用量を少なくし省資源化に貢献すると同時に、製品ができるだけ長く使えるように耐久性を考えます。
  • Reuse
    Reuse(リユース)イメージアイコン
    繰り返し使用
    ゴミ袋は使用時に燃やしてしまうので再使用はできませんが、とって付きポリ袋として再使用できる商品を現在開発中です。
  • Recycle
    Recycle(リサイクル)イメージアイコン
    資源の再利用
    原料となるマスターバッチ※3はストレッチフィルムを再利用したものも使用しており、環境効率がよく無機質です。

※3…マスターバッチとはペレット状の原料です。

地球に優しいゴミ袋nocoo(ノクー)って?

プラスチック使用量を抑え、天然ライムストーンを使用

天然ライムストーンのイメージ画像

天然ライムストーンは日本語で「石灰石」のことです。石灰石の主成分は炭酸カルシウム(CaCO3)であり、高密度ポリエチレン(HDPE)にこの炭酸カルシウムを配合したものがnocoo(ノクー)です。

nocoo(ノクー)ゴミ袋では、炭酸カルシウムを配合することで、プラスチック使用量を約20%強削減することができます。

また、EUの企業であるGCRグループが製造する天然ライムストーンを用いたマスターバッチを混合することにより、ゴミ袋ライフサイクルでのCO2削減を可能にしました。

炭酸カルシウムを配合することでプラスチック使用量約20%強削減することを表すイメージ画像
GCRグループの拠点がある上空写真

原料から製造工程でもCO2削減

ゴミ袋製造時に欠かせない原料となるマスターバッチは、天然ライムストーンの他、再生ストレッチフィルムをリサイクルしたものも使用しており、プラスチックの使用量を抑えることでCO2削減に貢献しています。

また、nocoo(ノクー)の素材に使われている天然ライムストーンの原料はEUのGCRグループより調達しています。GCRグループ下のGRANIC®はEU最大のCaCO3採掘鉱山会社であり、工場は鉱山から近隣に位置するため、輸送時間が短く、また施設では再生可能エネルギーを使用しているので、その点においてもCO2削減につながっています。

GCRグループのGRANIC研究所の写真

最先端の技術が可能にした高品質化

GCRグループの研究・開発技術は進んでおり、マスターバッチの粒子が小さくできる加工技術により、粒子が細かいため柔らかさに長け、最先端の表面加工技術によりフィルム成形時に摩擦抑制効果があります。

再生ストレッチフィルムの不純物除去技術も高いため、不純物が混入しにくいという点においても安全性が高く、破れにくく高品質なゴミ袋を実現可能にしました。

ドイツ技術検査協会(TUV(テュフ))認証を取得

GCRグループは、炭酸ガス排出基準をクリアしているとして、ドイツ技術検査協会(TUV)の認証を取得しています。テュフ・ラインランドは、2,500以上のサービスを世界各国で42の事業分野に展開しており、政府や公共団体から委託されてあらゆる製品の安全規格への適合性について検査・認証を行う民間検査機関です。第三者認証機関として、さまざまな製品やサービスの検査や認証を行っています。

TUVのロゴ画像
 

nocoo(ノクー)ゴミ袋のライフサイクル

原料から製品化、焼却の過程でCO2排出量を削減します。

nocoo(ノクー)ゴミ袋を使うことで約20%のCO2削減効果!

天然ライムストーンを原料に使用することにより、プラスチック使用量が約20%強削減され、
ゴミ袋製造時、燃焼時におけるCO2排出量がポリエチレン100%のゴミ袋と比べ約20%削減できます。

CO2削減がどの過程でされるかnocoo(ノクー)ゴミ袋のライフサイクルを元にお話します。

  1. 1.工場・原料製造
    EUにあるGCRグループにて原料となる天然ライムストーンを採掘、再生ストレッチフィルムなども用いてマスターバッチを製造しています。この過程でCO2削減ができます。
    GCRグループの工場のイメージ画像
  2. 2.原料輸送
    船便と陸便にてインドネシアなどのnocoo(ノクー)ゴミ袋を製造する工場へ原料を納品します。
    輸送している船とトラックのイメージ画像
  3. 3.工場・製品製造
    日本サニパックの自社工場である「PT.Sanipak Indonesia」などの工場でnocoo(ノクー)ゴミ袋を製造します。世界的流通企業にも認定される清潔な環境です。
    日本サニパックの自社工場のイメージ画像
  4. 4.製品輸送
    船便と陸便にて日本国内の当社倉庫へ納品します。
    輸送している船とトラックのイメージ画像
  5. 5.保管
    日本国内にある倉庫7拠点にて保管します。倉庫のある北海道配送センター、東北配送センター、関東配送センター、中部配送センター、関西配送センター、中国配送センター、九州配送センターに運ばれます。
    ゴミ袋を保管している倉庫のイメージ画像
  6. 6.配送
    倉庫より、各お取り扱い店舗に配送します。
    トラックのイメージ画像
  7. 7.店舗
    スーパーマーケットやドラックストア、ホームセンター、コンビニなどの販売先に届けられます。
    ドラックストアやホームセンターの建物のイメージ画像
  8. 8.お客様
    ゴミ袋として利用され、ゴミ集積所へ出されます。
    ゴミ出しをする人のイメージ画像
  9. 9.ゴミ回収
    ゴミ収集作業員の方に回収され、ゴミ焼却場へ運ばれます。
    ごみ回収をしているイラスト画像
  10. 10.焼却
    各自治体の焼却施設へ運ばれ、処理されます。天然ライムストーンを使っている分、燃焼時のCO2発生量を抑えられます。この過程でもCO2削減ができます。
    焼却所にゴミが運ばれるイラスト画像

nocoo(ノクー)は環境に優しいだけじゃない。
ゴミ袋として強度もしっかり!

ゴミ袋購入で重視する点は?

破れにくさ
 
価格の安さ
 
用途に適したサイズ
 
環境への配慮
 
株式会社アスマーク 期間:2020年9月15日(火)~9月18日(金)
サンプル数:本調査1,500
アンケート方法:WEB
Q:「ゴミ袋を使う上で重視している点」
 

%

nocoo(ノクー)は強度も考えました!

実際にnocoo(ノクー)を使い、強度に満足と答えた人は87.1%!※4

 

%

「硬いものや尖ったものを入れても、 破れることなく使用することができたので。(女性30代)」「資源ゴミ(空き缶や空き瓶)を捨てる際に使用したところ、破れたりする事なく、今までに使用していたものよりも強度が高いと感じた為。(男性50代) 」「縦方向に引っ張ると強く、横方向に引っ張ると柔軟性があるから(男性60代)」など強度に問題がなかったとの回答が多く寄せられました。

※4…非常によい、よいと答えた人の割合 株式会社アスマーク
期間:2020年10月1日(木)~10月23日(金)
サンプル数:148
調査方法:ホームユーステスト 30Lの場合
Q:テスト品を利用してみて「袋の強度」はどのように感じたか?

電卓とブタの貯金箱のイメージ画像

コストについても考えました。

電卓とブタの貯金箱のイメージ画像

ゴミ袋購入で重視する点として「価格の安さ」が2番目に上げられました。「ゴミ袋は最終的には捨ててしまうものであるため、お金をかけたくない。」との声もあり、日ごろ使うものであるので、エコも大切ですが家計も大事であることが分かりました。nocoo(ノクー)はオープン価格ではありますが、いつもと変わらない価格でご提供できるよう製造時におけるコストを抑えました。

nocoo(ノクー)についてみなさまの声

  • 女性のアイコン画像

    手ごろな値段で環境のためになることなら協力したいと思うから(女性20代)

  • 女性のアイコン画像

    強度が強く、環境にも優しく、価格も手頃で良い。(女性30代)

  • 女性のアイコン画像

    最近異常気象などが多く、地球温暖化への意識が高まっているので自分でできることには協力したいと思うから(女性20代)

  • 男性のアイコン画像

    環境に配慮しつつ、手ごろな価格、強度を実現していること(男性50代)

  • 男性のアイコン画像

    余分な出費をせずに無理なく環境保全に貢献できそう。(男性30代)

株式会社アスマーク 期間:2020年10月1日(木)~10月23日(金)
サンプル数:148
調査方法:ホームユーステスト
Q:購入したい理由(自由回答)

いつも使うゴミ袋。
nocoo(ノクー)に変えてみませんか?

nocoo(ノクー)ラインナップ

nocoo(ノクー)ゴミ袋のイメージ画像

nocoo(ノクー)ゴミ袋

天然ライムストーンから作られた地球のことを考えて作られたnocoo(ノクー)。再生ストレッチフィルムをリサイクルして使用したマスターバッチも使用しているため、グレーがかった色合いとなっています。

nocoo(ノクー)渋谷区推奨袋のイメージ画像

nocoo(ノクー)渋谷区推奨袋

渋谷区推奨袋として新たに誕生したnocoo(ノクー)渋谷。 渋谷にお花畑が広がるようにと願いを込めて商品パッケージだけでなく、ゴミ袋自体にもお花柄のデザインをプリントしました。

nocoo渋谷区推奨ごみ袋特集ページはこちら

nocoo(ノクー)に掛けるサニパックの想い

ゴミ出しで使われているnocoo(ノクー)渋谷区推奨袋のイメージ画像

サニパックは、環境をきれいにするためのインフラとしてゴミ袋を作ってきました。社会的責任を果たしてきた会社として、サニパックができることは何か。 ゴミは正しく処理することで環境を守ります。 脱炭素化が注目される近年。 サニパックもCO2について考えていました。 CO2が少ない、地球に優しいゴミ袋を作ろう。 みんなに使ってもらうことで、CO2削減につながるゴミ袋を。

日本サニパック株式会社 きれいな地球と、きれいな心を。のロゴ画像

昨今の「環境問題」に真摯に向き合い、これからの未来に向けて踏み出していくべく、会社設立50周年(2020年5月)を機に企業理念、コーポレートロゴ、「きれいな地球と、きれいな心を。」としてコーポレートスローガンを一新しました。 nocoo(ノクー)は環境問題へ本気で取り組む、サニパックの大きな一歩となります。 世界と手を取り合って、環境品質の高い製品作りと、今より高い環境意識の共創できるようにしていきます。

目標
2030年までにサニパック製品における
プラスチックの使用量を50%
CO2排出量を40%減らします(2020年度当社製品比)

nocoo(ノクー)におけるSDGs

サニパックはSDGsに関して考え、製品開発を行っています。

  • SDGs 9 産業と技術革新の基盤をつくろうのロゴ画像

    開発途上国インドネシアへの投資

  • SDGs 11 住み続けられるまちづくりをのロゴ画像

    ゴミの適切な収集や廃棄という課題を製品供給を通じてサポート

  • SDGs 12 つくる責任つかう責任のロゴ画像

    資源の活用効率改善を工場にて実施

  • SDGs 13 気候変動に具体的な対策をのロゴ画像

    プラスチック使用量を最小化した製品の開発

  • SDGs 17 パートナーシップで目標を達成しようのロゴ画像

    温室効果ガス排出抑制につながる製品の開発

サニパックのSDGs(持続可能な開発目標)への取組みはこちら

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)