新型コロナウイルスにおける政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応について

  1. HOME
  2. よくあるご質問
  3. 用語集
  4. ストレッチ包装とは?

ストレッチ包装とは?

ストレッチ包装とは?

ストレッチ包装とは、対象の梱包物の周りに、崩れ防止用などでプラスチックフィルム(主に高圧法低密度ポリエチレン)を何重にも巻いていくことで包装する手法のことです。

ストレッチ包装のほかに、ストレッチ梱包とも呼ばれます。

ストレッチフィルムが開発されたのは1980年代です。ストレッチ梱包の登場によって、パレット積みの容積の大きな製品でも大型のシュリンクトンネルを必要とせず、小型の包装機で対象物を何重にも巻いていくことでシュリンク包装と同じ機能を持たせることができました。

ストレッチ包装では直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)製のフィルムを使用しています。ストレッチ包装は初期投資が少額で済むこともあって需要は世界的に拡大して多種多様なパレット積みの化学品から食品まできわめて広い分野で使用されています。シュリンク包装と同じく薄膜化も進んでいますが、包装機を使用する機械巻き用フィルムと包装機を使用しない手巻きフィルムではやや仕様が異なります。

また、フードストレッチといって、パレットを上から丸ごと梱包する方法もあります。

用語集

用語集

ポリ袋・ゴミ袋業界に関する用語集となります。分からない用語がございましたら、こちらをご確認ください。

お役立ち情報

contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)